回復期リハビリテーション病棟

チームメンバーの紹介

担当医師 菊地誠回復期リハビリテーション病棟を設立し、住み慣れた地域で安定した生活が継続できるよう医療の面からもサポートしていきます。患者様の能力や生活様式に合わせた目標をチーム全体で掲げ、患者様の残存機能を活かして家庭復帰、社会復帰が実現できるよう、一人ひとりに寄り添ったリハビリテーションを提供していきます。

当院では、家の中での生活だけでなく、必要があればドライブシミュレーターを用いた自動車運転を再開するための評価や復職にあたってのコミュニケーション評価等も行います。

 

 

 

回復期リハビリテーション病棟とは


 回復期とは脳血管疾患や大腿骨骨折など「急性期病院」と呼ばれる病院で治療を受けて病状が安定し始めた1〜2ヶ月後の状態を言います。この時期にADL(日常生活活動)向上による寝たきり予防と家庭復帰・社会復帰を目標とした医学的リハビリテーションを集中的に行うための病棟です。

当院では、病棟生活がリハビリテーションにつながるように多くの専門職種がチームを組んで行います。また、集中的なリハビリテーションを提供することで残存する障害の改善、日常生活(食事・排泄・整容・更衣・入浴など)自立、在宅復帰などを支援していきます。疾患や傷病名によって入院して頂くまでの期間や、入院されてからの在院日数の上限が以下のように決められています。

 

対象となる疾患

疾患 発症からの周期 入院可能期間
脳血管疾患、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、 急性脳炎、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、脊髄損傷、 頭部外傷、腕神経損傷等の発症後もしくは手術後の状態 発症後
または手術後
2か月以内
150日以内
高次機能障害を伴った重症脳血管障害、重度頸髄損傷及び 頭部外傷を含む多部位外傷等 180日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節・膝関節の骨折等の発症後 または手術後の状態 90日以内
外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の神経の損傷後で 筋または靭帯損傷後の状態 発症後
または手術後
1か月以内
60日以内
股関節または膝関節の置換術後の状態 90日以内

 

入院から退院までの流れ

 

チーム医療

 

 

病棟での1日のスケジュール(例)

 

機器・設備紹介

 

▲ このページの上に戻る