ごあいさつ

2010年に新病院が完成し、立川記念病院として更なるリハビリテーション部門の充実・強化いたしました。 理学療法士、作業療法士、ならびに言語聴覚士は医学的リハビリテーションの専門家として、脳や骨・関節、肺など多岐にわたる臓器の障害をお持ちの方を対象として、高密度で効果的な治療を提供いたします。
リハビリテーションRehabilitationとは「心身に障害を持った方の社会復帰を促すこと」を意味します。私たちは、医師や看護師などの医療従事者、医療ソーシャルワーカーなどの福祉従事者と綿密な連携を図り、患者様の長期入院予防、早期の社会復帰、自立支援を目指してまいります。また、退院後に在宅での生活も支援していきたいという想いから外来リハビリテーションも療法士と柔道整復師が共同作業によって実施しております。さらに、訪問リハビリテーション・ステーション、障害福祉サービス事業所として茨城県の指定を受け、リハビリテーションの啓発活動にも積極的に取り組んでおります。
リハビリテーションを充実させ、地域包括ケアシステムの構築を実現いたします。

 

基本理念

患者様の有する疾病や障害の回復のために努力し、その尊厳を守り、 種々の専門職と協調して医学的リハビリテーションを提供します。

 

基本方針

  • 幅広い見識と高い技術を備えて患者様に対応します。
  • 疾病や障害を的確に捉え、『根拠に基づく医療』を提供し、機能の回復を図るために支援します。
  • 他職種者の知識と技術を結集して架け橋的な役割を担い、地域住民の健康と幸せを願い、リハビリテーションの促進に寄与します。
  • 疾病と障害の改善に努力し、日常生活や暮らしの向上に貢献します。

 

▲ このページの上に戻る