疾患別リハビリテーション

脳血管疾患等リハビリテーションⅠ

脳梗塞・脳出血・くも膜下出血などの脳血管疾患、パーキンソン病・脊髄小脳変性症などの神経疾患、失語症や認知症などの高次脳機能障害をお持ちの方に対して理学療法、作業療法、ならびに言語聴覚療法を駆使して、機能の回復と活動の向上を目的としています。
廃用症候群リハビリテーションⅠ

心臓・肝臓・腎臓などの内臓疾患が原因となり、長期の安静を余儀なくされて関節が固くなったり、筋肉が痩せたりして、日常生活活動のレベルが著しく低下してしまうことがあります。脳血管疾患等リハビリテーションと同様に、専門職が機能の回復と活動の向上を目指します。
運動器リハビリテーションⅠ

運動器とは関節・筋・神経を指しますが、外傷などで運動器に障害を受けた方を対象にして理学療法と作業療法を行います。当院で手術を行う場合には、術前よりベッドサイドを中心に理学療法を行い、術後も早期の在宅復帰を目指します。
呼吸器リハビリテーションⅠ

肺炎・慢性閉塞性肺疾患・拘束性肺疾患などの方々を対象にして、コンディショニングエクササイズ、呼吸介助手技などの呼吸理学療法を行います。さらに、生活環境に応じて日常生活活動の練習をすすめて在宅生活が維持できるようにご指導します。
がん患者リハビリテーション

食道がん・肺がん・肝臓がん・膵臓がんなど、種々のがんが原因となって身体機能や活動レベルが低下することがあります。また、手術療法や抗がん剤治療によってさらに日常生活が障害されることがあります。がんのリハビリテーション研修会修了の専門職が治療にあたります。

 

 

▲ このページの上に戻る